飲食店における看板商品の開発は、売上げ・利益向上に非常に効果的な手段です。メニューの数を絞ることにより、食材ロスが減り、原価率を抑えることができます。オペレーションもシンプルかつ効率的になるため、お客様の回転率が上がるのと同時に、人件費を削減することも可能となるでしょう。
ただし、看板商品の開発には大変な時間と労力がかかり、ようやく納得のいく商品が完成しても、思っていたような集客効果が出ないというリスクも抱えています。

黒川温泉 お食事処 うふふ

住所:熊本県阿蘇郡南小国町

2017年7月 メニューリニューアル
私たちは、黒川温泉で全4室の旅館『お宿 玄河』を経営しているのですが、なかなか稼働率が伸びない中で新たな方向を模索しておりました。
そのような時に『あか牛丼』を教えて頂き、併設の『お食事処 うふふ』にて『あか牛丼』を看板商品としたランチメニューにリニューアル致しました。
なんとリニューアルオープン直後から行列ができてビックリ!ご来店頂けることで宿泊客の増加にも繋がり、昼夜いずれも稼働率が大幅にアップ致しました!

あか牛丼 いわさき

住所:熊本県阿蘇市乙姫

2018年3月 新規開店
私どもは、ホテルや旅館などの業務用アイテムを取り扱う『アイテム西日本』という会社を経営しております。ネット通販の影響で売上げが伸び悩み、別事業の検討をしていた時に『あか牛丼』のお話しを頂きました。
飲食店経験の無い私どもでもできるのか不安はありましたが、味にブレのない方法で誰でも簡単に作れる『あか牛丼』で、オープン1ヵ月にもかかわらず、1日250杯を超える売上げを記録致しました!今後は300杯、400杯も夢ではないと確信しております。
あか牛丼 フリーダイヤル
あか牛丼 お問い合わせ
上部へ戻る